| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

◆活字中毒◆


小説や映画のレビュー
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
映画『借りぐらしのアリエッティ』
評価:
---
スタジオジブリ
¥ 3,460
(2011-06-17)
コメント:思った以上に

 
 映像はいつものごとく見事ですし、やはり日本のアニメの質の高さを感じさせます。アリエッテゥがお父さんと「狩り」ならぬ「借り」に行くところ、生活シーンでは、人間サイズの道具を器用に使って様々なものを生み出していましたし。

 だけど、今回はちょっとがっかりしてしまいましたよ。なんでか、どこか手抜き感を感じませんか?トトロや、耳をすませばや、もののけ姫に比べて。

 出てくる風景もほとんどないし、BGMもなんだかなんだか。それにそもそもストーリーが、小人というエッセンスに頼りすぎてマヌケになっていませんか?仲良くなる過程も非常に雑だし、最後はそこで終わっちゃうの?え?という感じ。

 あのお手伝いさんも結局悪なのかよくわからないまま。

 私的に一番「ウーン」となったのは、初めてアリエッティとショウが会話をするところ。ショウの唇は、あんなふうに描かなくてはいけないものなのかした?ちょっとおぞましいものを見たような気分になってしまったよ。変質者みたいだよ。
 肝心の彼はさわやかな少年なだけにもったいない。

|00:45| 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鳥皮女 - -
スポンサーサイト
|00:45| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.