| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

◆活字中毒◆


小説や映画のレビュー
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
畠中恵『ころころろ』
評価:
畠中 恵
新潮社
¥ 578
(2011-11-28)
コメント:おたえテラコワス

 
 回を重ねるごとに複雑になり、しかもおもしろくなくなっている気がする。

 このしゃばけシリーズってどこかで連載しているものなのでしょうか?別にこれだから読むのやめるとかは言いませんが、ことあるごとに若だんなと廻船問屋兼薬種問屋の長崎屋と、おぎんと、仁吉と佐助の紹介が入る時点で結構読む気が失せる。なんかもはや例の小鬼と屏風のぞきに会うためだけにこのシリーズを買っているような気すらしてきました…

 思い返すと、今まで出た巻は全部読んだし本棚には入ってるけど、なーんにもお話覚えてないし印象にも残ってないっぽいんだよね。とっておいたけど、新刊出て高価買取の内に○ックオフに持っていくのが吉かもしれないな。


|22:53| 小説 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鳥皮女 - -
スポンサーサイト
|22:53| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.